本文へ移動

ブログ 「 相談支援事業所かくれんぼ 」の毎日

RSS(別ウィンドウで開きます) 

緊急事態宣言解除

2020-05-26
 拝啓 薫風の候、緊急事態宣言がやっと解除となり、少しばかり明るさも感じられるようになりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。5月25日、全国で緊急事態宣言が解除されました。しかし、これでコロナ禍が終わったわけではありません。今、流行が収まりかけているのは、緊急事態宣言という日本にとって最後の一手によって人と人との接触がなくなり感染の連鎖を断ち切ることができたためです。そのために東京2020の延期や高校野球の大会の中止など様々な分野に影響を与えました。私も高校球児でしたので高校野球の春のセンバツ大会に続いて、夏の大会も中止されることが決まったとき、もし私が高校時代に起きていたらどういう気持ちだったかと考えさせられました。一言では言い表すことができない、何とも言えない悲しいというか虚しいというか複雑な気持ちになっていたのではと思います。その気持ちをどこにもぶつけれないやるせなさも・・・。今までの歴史の中では、米騒動の時に大会が中止になったことがあるようです。1918年(大正7年)7月23日の富山県魚津町(現・魚津市)を発端に始まった米騒動は、その後全国に広がり、国民の70~100万人が参加したと言われてます。当時の日本の人口は約5500万人だったので、1~2割程度です。米騒動は、歴史で学んだ方もみえると思いますが、物価の高騰に苦しんだ漁師の主婦が、米倉庫の前に集まり、米の販売を求めたことから始まりました。実は私の実家が富山県魚津市なんです・・・。私の先祖も発端の米騒動の中にいたのか思いを馳せてしまいました。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、感染予防には細心の注意を払いお過ごしください。                           

はじめまして

2020-04-22
 4月1日からかくれんぼに入職しました山内と申します。
介護保険のケアマネジャーを経て、直近まで障害福祉サービスの相談支援専門員をしてまいりました。
介護保険制度のケアマネジャー・障害福祉サービスの相談支援員として2足のわらじを履くことはゼロからのスタートです。
両方の実務で得たことがご利用者様にプラスになるように地域での支援ができればと思います。
地域包括ケアシステムが叫ばれる中、多様なケースに関われるように経験を活かしていきたいと思っております。
 と、カッコいいことを述べましたが、もともと不器用な性格です。最近はまっているのがはじめたばかりの園芸です。
大好きなマリーゴールド達も、一つ一つ個性が違い強く明るく元気に育ってくれています。
この花達のように一生懸命にがんばりますのでどうぞ宜しくお願い致します。
 

東京2020の延期

2020-03-30
 仲春の候、貴殿ますますご健勝のことと、お喜び申し上げます。平素は種々お心遣いを賜り誠にありがとうございます。新型コロナウィルスの影響で私達の生活にも様々な影響が出ていると思います。イベントや行事の自粛等もあるなかで、今年の日本での最大のイベントと言ってもよい、東京2020オリンピック、パラリンピックがどうなるのか皆様の関心ごとのひとつだったと思います。私もこのままの世界の状態だと通常の開催は困難ではないかという思いがありました。無観客開催、開催場所の変更、延期、もしくは中止など色々な憶測や予想が出ましたが、結果、1年の延期で決まりました。この結論には賛否両論でました。恐らく、どのような結論でも賛否両論は出たはずで、万人が納得する結論は困難ではあったと思います。少し残念だったのは結論を出したのが一部のお偉い方の話し合いで、選手の気持ちや意見等が反映されているのかと疑問に思いました。様々な考え方や意見があるなかで選手の気持ちを汲み取ることは難しいかもしれませんが、選手ファーストという言葉が聞かれながら、結局は政治色の強い結論だったなという感想です。思えば昨年の4月1日に新しい元号の令和が発表され、1年後に今のような日本、世界の状態になっているとは誰が予想できたでしょう。来年の7月には新型コロナウィルスの蔓延も終息し、世界中のみんなが東京2020オリンピック、パラリンピックの開催を喜んでもらえるようになっていればと思います。春寒はまだひとしお、お体には十分お気をつけください。                           

尾張のお祭り

2020-02-18
 3月も間近にせまり暖かい日も多くなってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。先日、国府宮のはだか祭りが行われました。私は参加したことがありませんが、テレビで毎年様子を見て、はだか男たちがもみ合う姿に変わったお祭りだなといつも思っています。はだか祭りは私にとって御馴染みだったのですが、変わったお祭りは他に幾つもあって、「尾張三大奇祭」という言い方があるようです。ネットで調べたところ、稲沢市(国府宮)の尾張大国霊神社の「はだか祭り」、正式には「儺追(なおい)神事」と呼ばれ、千二百年以上の歴史があります。尾張大国霊神社(国府宮)で、下帯一枚の裸男達が神男(しんおとこ)に触れて厄を落とそうと、勇壮なもみ合いを繰り広げられます。中村区岩塚町七所社(ひちしょしゃ)の「きねこさ祭」千年以上前から伝わる厄よけと豊作を祈願する祭りで、名古屋市無形民俗文化財にも指定されています。『川祭り』『古式行列』『本祭り』『厄払いの神事』の行事があり、『川祭り』は、神社の傍の庄内川の中で後厄の12人の役者が笹竹を立て、役者の一人がよじ登り竹の折れた方向で今年の運を占うもので、これが奇祭とされる所以です。熱田神宮の「歩射神事」
 朝廷で行われた新春の歩射の神事にならい、豊作と除災とを祈る特殊神事。裏に「鬼」と墨書きされた美濃紙でできた直系1.8mの的を神楽殿前に設置し、6人の神職が的めがけて白羽の矢を2本ずつ3回放ちます。魔よけの的の中央には木片「千木(ちぎ)」が取り付けられており、千木や的の切れ端はお守りになります。尾張だけでもこんなに奇祭があり、全国には様々な奇祭と呼ばれているものがあるようです。機会があればまたご紹介したいと思っています。
 現在、新型コロナウイルスのことが毎日ニュースや新聞をにぎわし、様々な情報がとびかっています。私達ひとりひとりにできることは、さんざん言われていますが、手洗い、うがい、マスク着用、アルコール消毒、人混みを避けるなどの予防方法があります。天皇誕生日の一般参賀の中止や東京マラソンの一般ランナーの参加中止など行事にも影響がでてきています。夏には東京2020も控えています。今後どうなっていくのか心配ですが、ご自愛下さいませ。                             

年始のご挨拶

2020-01-06
 新年あけましておめでとうございます。
相談支援事業所かくれんぼの二村・桐岡でございます。
旧年中は格別のお引き立てをいただきまして厚く御礼申し上げます。新春を迎え、皆様のご健康とご繁栄を心からお祈り申し上げます。本年も昨年同様のご愛顧を賜りますよう何卒お願い申し上げます。                              
RSS(別ウィンドウで開きます) 

防災訓練

2021-10-07
10月に入りましたが、夏日もあり、まだ日中は半袖の上着でも過ごせますね。先月末に、かくれんぼ福祉センターにて火災を想定しての防災訓練を行いました。初期消火や避難誘導などある程度の担当を決めて、滞りなく訓練は終わりました。実際の災害が起きたときは、健常者でもパニックが考えられます。障害を持った方はどうでしょうか。パニックはもとより、視覚障害者の方は災害の状態が目で見て判断が出来ないでしょうし、聴覚障害者の方は、避難情報などが音声だと聞き取れません。2019年3月25日より、地震や気象災害が発生した場合などに、聴覚障害者にも情報を伝え、避難などの防災対応につなげてもらおうと、気象庁は、今後、緊急会見を開く際に、手話通訳を導入することになりました。様々な障害特性があるなか、実際に災害が起きた場合には予想外のことが起きることがあります。その為にも、常日頃から防災訓練、設備点検や保存食の確認などが必要になってきます。




自己覚知

2021-09-29
9月の終わりが近づき、朝夕は大分涼しくなり上着が必要になってきています。コロナウイルス感染予防のための緊急事態宣言も9月で解除となりますが、引き続き、皆様におかれましても感染対策を十分してお気を付けください。さて、厚生労働省では、医療に対する満足度等を調査する「受療行動調査」を実施しています。先日、令和2年度の調査結果が発表されました。この調査で注目したいのは「医師から受けた説明に対する疑問や意見を医師に伝えられなかった」と答えたのが、外来 6.2%、入院 8.5%と入院のほうが高くなっていることです。入院患者は,医療従事者に対して,気兼ねするからだと考えられます。これは,入所施設でも言えるのではないかと思います。生活施設では,逃げ場所がないためです。対人援助に携わる人は,そのことを忘れてはならないように思います。
私の担当者している方で重度の障害を持った方が施設入所されています。自宅での介護が困難でやむを得ず施設で生活されています。その方は自分の気持ちや考えを相手に伝えることが出来ませんが、今の生活で満足しているのか、本当に施設での生活がこの方にとって良いのか…。もし、ここでの生活が嫌だと訴えれた場合でも、確かに逃げ場所が他にはない現状があります。理想と現実の間で苦しいことも日々ありますが、一人一人にとって、より良い人生が過ごせるようお手伝いできればと思います。


パラリンピックと共生社会

2021-08-25
雨の多い夏で災害等もあり、被災された方々にはお見舞い申し上げます。相変わらずコロナウイルス感染は治まらず、東海3県にも再度緊急事態宣言が発令されるようです。皆様におかれましても感染対策を十分してお気を付けください。さて昨日から東京パラリンピックが開催されました。今回のパラリンピックがめざす共生社会とは、どのようなものでしょうか。そもそも、社会には、さまざまな状況や状態にあったりする人々がいますが、「共生社会」 は、さまざまな人々が、すべて分け隔てのなく暮らしていくことのできる社会 です。 障害のある人もない人も、支える人と支えを受ける人に分かれることな くともに支え合い、さまざまな人々の能力が発揮されている活力ある社会のことをいいます。今回のパラリンピックは、161カ国・地域と難民選手団が参加し、史上最多の4403選手が集まります。多様性への理解を促すきっかけとなり、誰もが社会参加できるバリアフリーの推進につながります。障害の有無や人種といった様々な違いを肯定する「共生社会」の実現へ、多くのヒントが詰まっています。
例えば、2016年にブラジルで開催されたリオデジャネイロ大会後、同国の障害者就職率は大幅に改善しました。脳性まひなど重度障害者がプレーするボッチャは、日本では16年大会の団体戦で銀メダルを獲得したことで認知度が向上しました。健常者の間でも愛好者が急増し、大学や企業でクラブ結成が相次いでいます。一方、日本の障害者への支援制度は先進国と隔たりがあります。企業などに一定割合の障害者雇用を求める法定雇用率でみると、ドイツは5%、フランスは6%であるのに対し、日本は2.3%と見劣りします。就職しても人間関係や体力の問題で離職することもあります。多様性を認め合う社会のあり方が、パラリンピックを機に改めて問われているといえそうです。





民生委員

2021-07-27
梅雨も明け、夏も本格的な暑さになりました。暑い季節のマスクは辛いですが,水分をしっかり取って脱水や熱中症にはくれぐれもお気をつけください。
さて今月からテレビやラジオ等で,民生委員のコマーシャルが放送されていることをご存じでしょうか。
そのキャッチコピーが「民生委員は身近な相談相手です」です。私の知る限りにおいて,民生委員を公告するのは今までにはなかったように思います。
独り暮らしの高齢者や、コロナ禍の影響で外出や外部との接触を控え、孤独を感じる方々も増えてきているようです。
私たち相談支援専門員も利用者の方々との面談等を控えることもあり、電話での確認や事業所への利用状況を行うことも増えてきています。
いつ治まるか不透明なコロナ禍の中で、一層の生きずらさを感じて見える方も見えると思いますが、少しでもお役にたてるよう支援をしていきたいと思っております。





国会にて

2021-06-21
梅雨時期で蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、6か月にわたって開催されていた第204回国会は,会期延長されず,150日間の会期を終えて,6/16に閉会しました。
政府が提出した法案の97%が成立したそうです。この成立率は過去5年間で最も高いものとなります。
福祉や周辺領域で成立した主な法制度を整理したいと思います。
〈新制度〉
●医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律
・医療的ケアを受けることが不可欠である児童とその家族の支援するための措置,「医療的ケア児支援センター」を創設する。 施行日:公布日から起算して3月を経過した日
※同センターの業務は,「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関して,医療,保健,福祉,教育,労働等に関する業務を行う関係機関及び民間団体との連絡調整」とされているので,社会福祉士の職域拡大につながることでしょう。
〈改正法〉
●子ども・子育て支援法及び児童手当法の一部を改正する法律
・年収1,200万円以上の者を児童手当の支給対象外とする。(児童手当法) 適用:令和4年10月支給分から
●全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律
・後期高齢者医療の被保険者のうち,現役並み所得者以外の被保険者であって,一定所得以上のものは,窓口負担割合を2割とする。(高齢者の医療の確保に関する法律) 施行日:令和4年10月1日から令和5年3月1日までの間において政令で定める日
・傷病手当金は,途中で出勤した場合,その分,延長して支給する。※今までは1日でも出勤すると労務不能とされず,出勤日以降は支給されなかった。(健康保険法等) 施行日:令和4年1月1日
・短期の育児休業の取得に対応して,月内に2週間以上の育児休業を取得した場合には当該月の保険料を免除する。(健康保険法,厚生年金保険法等) 施行日:令和4年10月1日
●良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を推進するための医療法等改正の趣旨の一部を改正する法律
・医療機関に対し,医療資源を重点的に活用する外来等について報告を求める外来機能報告制度の創設等を行う。(医療法)  施行日:令和4年4月1日
●育児休業,介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律
・男性の育児休業取得促進のための子の出生直後の時期における柔軟な育児休業の枠組みの創設(育児・介護休業法) 施行日:公布日から1年6月を超えない範囲内で政令で定める日
・育児休業を取得しやすい雇用環境整備及び妊娠・出産の申出をした労働者に対する個別の周知・意向確認の措置の義務付け。(育児・介護休業法) 施行日:令和4年4月1日
・育児休業の分割取得(2回まで) 施行日:公布日から1年6月を超えない範囲内で政令で定める日
・有期雇用労働者の育児休業及び介護休業の取得要件のうち「事業主に引き続き雇用された期間が1年以上である者」であることという要件を廃止する。 施行日:令和4年4月1日
●少年法等の一部を改正する法律
・特定少年(18歳以上の少年)は,罪質及び情状に照らして刑事処分を相当と認める場合,検察官に送致しなければならない。 施行日:令和4年4月1日
●国家公務員法等の一部を改正する法律
・現行60歳の定年を段階的に引き上げて65歳とする。(国家公務員法) 施行日:令和5年4月1日

気がつかないうちに様々な新しい制度が出来、改正されています。私自身の暮らしにも関わってくることもあります。アンテナを建て、情報をインプットし、アウトプット出来るよう努めていきます。
2
9
7
9
3
8
お問い合わせ
052-918-7410
特定非営利活動法人
かくれんぼ
お問い合わせはこちら
NPO法人 かくれんぼ 周辺地図
特定非営利活動法人
かくれんぼ
〒462-0047
 愛知県名古屋市北区金城町四丁目35番地の1
かくれんぼ福祉センター

TEL.052-918-7410
FAX.052-918-7411

────────────────────
●小規模多機能型居宅介護
●認知症共同生活介護
●居宅介護支援
●相談支援     
●介護職員養成教室 
●上飯田福祉会館
●名古屋市西区北部いきいき支援センター
●軽費老人ホーム 名古屋市きよすみ荘
●ハローステーション 
●NPO活動────────────────────
TOPへ戻る