本文へ移動

ブログ 「 相談支援事業所かくれんぼ 」の毎日

RSS(別ウィンドウで開きます) 

卒業

2019-03-23
 3月も中旬を過ぎ、暖かい日も多くなってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。学生では卒業する生徒さんもみえ、高校生は進路も決まり新たな生活が始まろうとしてます。3月31日までは放課後等デイサービスを利用される方、慣れるために就労継続支援事業所に通われる方等、今までとは違う生活環境になると思いますが、引き続き相談や見守り等を続けさせて頂きますのでご安心ください。なかには新しい通所先の事業所までの移動に不安を覚える方もみえるので、相談員が付き添って練習を行うこともありました。他事業所に移行される方もおみえになりますが引き続き相談は受けて参りますのでご安心下さい。多機能型生活介護かくれんぼに通所が決まり計画相談を受ける方につきましては親切丁寧にサービス利用計画作成に取り組みますので宜しくお願い致します。今後とも宜しくお願い致します。  二村

耳の日

2019-02-28
 3月3日は「耳の日」であることを、皆さんはご存知でしたでしょうか。「難聴と言語障害をもつ人々の悩みを、少しでも解決したい」という社会福祉への願いと「み(3)み(3)」の語呂合わせより、昭和31年に社団法人(当時)日本耳鼻咽喉科学会が制定しました。正常に耳が機能している方は、「正常に聞こえる」ということの意識を忘れがちですが、近年、日本の18人に1人は聴覚に何らかの困難を抱えているといわれており、決して他人事とばかりはいっていられない状況でもあります。聴覚障害は生まれつきの障害(先天性)か、病気や事故などによる障害(中途障害)かでも、その障害の内容には個人差があります。外見からは障害のあることが分かりにくいために、「不自由なく歩ける」だから「障害は軽い、耳が聴こえないだけ」などといった誤解を受けたり、不利益な目にあったり、危険にさらされたりと、社会生活上の不安は尽きません。何よりも話し言葉による意思の疎通(コミュニケーション)がはかれないことが聴覚障害者の大きな悩みです。コミュニケーション手段としては筆談や手話等があります。聴覚障害者の方が困っている場面に居合わせたら、メモをとるなど情報を提供することが望まれます。障害の有無にかかわらず、自立して社会に参加し、支え合う「共に生きる地域社会」の実現の一助になれるよう、相談支援事業所かくれんぼは努めていきます。

年始のご挨拶

2019-01-01
 新年あけましておめでとうございます。
相談支援事業所かくれんぼの桐岡でございます。
旧年中は格別のお引き立てをいただきまして厚く御礼申し上げます。新春を迎え、皆様のご健康とご繁栄を心からお祈り申し上げます。本年も昨年同様のご愛顧を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

年末の挨拶

2018-12-28
 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。
 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。
 お陰様で相談支援事業所かくれんぼも無事に年の瀬を迎えることができました。これもひとえにご利用者様、ご家族様のお力添えによるものと感謝しております。
 つきましては、年末のご挨拶に代えさせて頂きます。
 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。                              

講座への参加

2018-11-24

晩秋の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。先日、名古屋市犯罪被害者等支援についての講座に参加してきました。相談支援事業所の実務とは直接は関係ありませんが、講座内容に興味があり受講してきました。名古屋市は、犯罪被害者の心に寄り添い、犯罪被害者等の権利利益を保護することで、市民が安全で安心して暮らせる地域社会に実現に寄与するため、平成30年4月、名古屋市犯罪被害者等支援条例を制定しました。支援の内容は犯罪被害により当面必要となる経費に充てるための費用として支援金を支給(資産要件あり)したり、日常生活に支障を来した被害者やその家族、遺族の居宅へヘルパーを派遣し、家事・育児・介護の支援を行う支援もあります。また、食事を配達する配食サービスも利用できます。その他にも支援はありますが、平成30年4月1日以降に発生した事故、事件の被害に合われた方で、支援事業の対象者は事件、事故発生時に名古屋市に住民票がある方になります。2005年施行の「犯罪被害者等基本法」に基づく条例制定が進みつつありますが、被害者支援に特化した条例は約3割の14道県にとどまっています。まだまだ私自身が勉強不足ですが、犯罪被害に合われた方への支援を少しでも早く日本中に広めていく必要があるのではと考えさせられた講座でした。毎年、「犯罪被害者等基本法」の成立日である12月1日以前の1週間(11月25日から12月1日まで)が「犯罪被害者週間」と定められました。「犯罪被害者週間」は、期間中の集中的な啓発事業等の実施を通じて、犯罪被害者等が置かれている状況や犯罪被害者等の名誉又は生活の平穏への配慮の重要性等について、国民の理解を深めることを目的とするものです。名古屋市内でも広報啓発イベントが開催されるようですので、興味がある方はご参加して頂ければと思います。朝夕の寒さに冬の到来を感じずにはいられませんが、くれぐれもお体には気を付けて過ごしてください。(桐岡)

 

1
8
9
3
4
9
お問い合わせ
052-918-7410
特定非営利活動法人
かくれんぼ
お問い合わせはこちら
NPO法人 かくれんぼ 周辺地図
特定非営利活動法人
かくれんぼ
〒462-0047
愛知県名古屋市北区金城町四丁目47番地の3
かくれんぼ福祉センタービル

TEL.052-918-7410
FAX.052-918-7411

────────────────────
●居宅介護支援
●認知症共同生活介護
●通所介護      ●訪問介護
●人材育成講座    ●NPO活動
●上飯田福祉会館
●名古屋市西区北部いきいき支援センター
●ハローステーション 
────────────────────
TOPへ戻る