本文へ移動

ブログ 「 相談支援事業所かくれんぼ 」の毎日

RSS(別ウィンドウで開きます) 

放課後等デイサービスの企画に参加して

2023-09-25
9月になっても暑い日が続く中、9月22日18:30~ 
かくれんぼ福祉センタ-駐車場にて花火をおこないました。

通所児童と家族を招待して、打ち上げ花火から線香花火まで、
多種類の花火で子どもたちには楽しく過ごして頂けました。
 
日頃から関わっている児童の楽しそうな顔を見て心が癒されました。
普段、経験できない事や年齢を超えた児童の関係性、家族との関り方も勉強させて頂き、
有意義なひと時でした。

企画を立案して頂いた職員、準備に時間を割いて頂いた職員に感謝いたします。

夏の終わり

2023-08-28
毎年、恒例となっている愛は地球を救う24時間テレビを鑑賞して相談員として感想を述べさせていただきます。

メインである100Kmマラソンは当日までチャレンジャーは明かされず、ヒロミさんが102.3Kmを番組のエンディングまでに完走できるかという所に注目していました。
無事、完走する事が出来、視聴者には感動を与えてくれるフィニッシュでした。
途中の中継点では笑顔での対応をして頂く事で周りに勇気を与えてくれました。
挑戦者の勇気と努力は見ている人に感動を与えてくれました。
そんな中、伴走者、裏方で準備をした方たちの力は計り知れないものが有ったと思われます。

相談員の仕事も裏方で利用者を支えていける様に努力していきたいと考えています。
夏休みも終わりに近づき児童たちも問題なく過ごされてきましたが、長期休暇で成長した事が伺えており今後も楽しく支援がしていけたらと思っています。

夏休みが始まります

2023-07-20
夏休みを迎えるにあたり、児童たちは今迄とは違った環境に置かれます。
家族と一緒に過ごす時間も増え旅行に行かれたリ、祭りに出掛けられる機会も増える事と思います。暑い日が続くので体調を崩す事の無い様にお過ごしいただく事をお願いしたいです。
放課後等デイサ-ビスに通われている児童はレクリエーションに参加したりお泊り会に参加したりと忙しい日々が続くと思われます。
高学年の児童にとっては将来の進路を検討するため、見学・実習に行ったりと様々な経験をする機会が増える時期と考えています。
 相談支援専門員として担当している児童の実習先にお邪魔して様子を伺わせて頂きます。各施設担当者の方にはご迷惑をお掛けする事と思いますが宜しくお願い致します。

重層的支援体制整備事業

2023-06-07
介護、障害,子ども、生活困窮といった分野別の支援体制では対応しきれないような「地域住民の複雑化・複合化した支援ニーズ」に対応する包括的な相談支援体制を構築するため、既存の相談支援や地域づくり支援の取り組みを活かして、「属性を問わない相談支援」、「参加支援」、「地域づくりに向けた支援」を一体的に支援するものです。
相談支援専門員にもいつでもご相談ください。

もっと知って「ほじょ犬(身体障害者補助犬)」

2023-05-18

「ほじょ犬(身体障害者補助犬)」は、目や耳や手足に障害のある方の生活をお手伝いする「盲導犬」・「聴導犬」・「介助犬」のことです。

 身体障害者補助犬法に基づき認定された犬で、特別な訓練を受けています。障害のある方のパ-トナ-であり、ペットではありません。

きちんと訓練され管理もおこなわれているので、社会のマナ-も守れますし、清潔です。だからこそ、人が立ち入ることのできるさまざまな場所に同伴できます。

ほじょ犬の種類

❍盲導犬

目の見えない人、見えにくい人が街なかを安全に歩けるようにサポ-トします。

障害物を避けたり、立ち止まって曲がり角を教えたりします。ハーネス(胴輪)を

つけています。

❍聴導犬

音が聞こえない、聞こえにくい人に、生活の中の必要な音を知らせます。玄関のチャイム音・FAX着信音・赤ちゃんの泣き声などを聞き分けて教えます。“聴導犬”と書かれた表示を付けています。

 ❍介助犬

手や足に障害のある人の日常の生活動作をサポ-トします。物を拾って渡したり、指示したものを持ってきたり、着脱衣の介助などを行います。“介助犬”と書かれた表示をつけています。

   ほじょ犬はきちんとしつけられ、健康です

ほじょ犬のユ-ザ-は、責任をもってほじょ犬の行動を管理し、ほじょ犬の体を清潔に保ち、健康に気を配っています。

●ほじょ犬は、ユーザ-が指示した時に、指示した場所でしか排泄しないように、訓練されています。

●ほじょ犬は、ユ-ザ-の管理のもとで待機するよう訓練されています。

・レストランなど、飲食店では・・・

食事が終わるまで、テ-ブルの下などで待機します。

・ホテルや旅館など、宿泊施設では・・・

上がり口や部屋の隅で待機します。

●ユ-ザ-は、ブラッシングやシャンプ-などでほじょ犬の体を清潔に保ち、予防接種や検診を受けさせるよう努めています。

 

ほじょ犬は身体に障害のある方の自立と社会参加に欠かせません。

ほじょ犬のことをもっと知って、ほじょ犬ユーザ-とほじょ犬を社会の仲間として受け入れてください。

 

現在、かくれんぼ福祉センタ-1階に中部盲導犬協会ラブちゃん募金箱を置かせて頂いております。                                      

3
9
1
1
8
1
お問い合わせ
052-918-7410
特定非営利活動法人
かくれんぼ
お問い合わせはこちら
NPO法人 かくれんぼ 周辺地図
特定非営利活動法人
かくれんぼ
〒462-0047
 愛知県名古屋市北区金城町四丁目35番地の1
かくれんぼ福祉センター

TEL.052-918-7410
FAX.052-918-7411

────────────────────
●小規模多機能型居宅介護
●認知症共同生活介護
●相談支援     
●介護職員養成教室 
●上飯田福祉会館
●名古屋市西区北部いきいき支援センター
●軽費老人ホーム 名古屋市きよすみ荘
●ハローステーション 
●NPO活動────────────────────
TOPへ戻る