本文へ移動

ブログ 「 名古屋市西区北部いきいき支援センター 」からのお知らせ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【ひらたカフェ】(認知症カフェ)に参加しました。

2019-06-14
【ひらたカフェ】(認知症カフェ)に参加しました。
 
毎月第二の木曜日に平田豊生苑の喫茶ルームで開催されている【ひらたカフェ】(認知症カフェ)に参加してきました。
当日の参加者は7名と近隣の高校の生徒3名も来られて見学をされていました。
当日はコーヒーを飲みながら、参加者同士で人生の中で一番嬉しかったことは何ですか?をテーマに話し合いや、健康体操をされていました。
また脳トレとして0~9までの数字をランダムで読み上げ、偶数なら両手で○奇数なら両手で✖0と9なら両手で△を作るトレーニングを行いました。
一生懸命取り組まれる方もいれば、中にはカンニングをされる方もいました。ちょっとずるいですけど、目で見てそれを真似することも立派なトレーニングになると教えて頂き、難しく考えずに色々と取り組むことが認知症予防になることを知りました。今回も終始和やかな雰囲気の認知症カフェでした。
是非皆様もお気軽にお越しいただければ幸いです。認知症カフェはどなたでも参加できます。
 
次回の開催は令和元年7月11日(木)13:30~15:30
参加費はドリンク代で200円
場所は平田豊生苑 1階喫茶ルーム 平出町187
お問い合わせ ノッポの会052-509-5621

天神山サロンに参加しました

2019-06-14
天神山サロンに参加しました。
 
毎月第2・4月曜日10~12時に天神山福祉会館で開催されている天神山サロンに参加させて頂きました。
天神山サロンは参加費は無料で、参加者数はトータルで50名程が参加されていました。
当日は最初にコーヒータイムとして、飲み物を片手に常連の方や初めましての方も一緒にざっくばらんにお話をされていました。
その後はレクリエーションとして、ピンポン玉ビンゴゲームの開催。
ピンポン玉を片手で投げて、穴に入れて列が完成するとビンゴ!というゲームで、参加者を2チームに分けて楽しみました。勝ったチームには景品としてお菓子のプレゼントもありました。
その後は健康体操として、全員で楽しみながら身体を動かしました。カエルの歌の輪唱をしながら、身体を動かしました。
天神山サロンは天神山福祉会館で毎月二回開催されていますので、ご興味のある方は是非参加して頂ければと思います。

お問い合わせは天神山福祉会館 052-531-0023

4月ほっとタイムを開催しました。

2019-04-22
平成31年度初のほっとタイム(ケアマネ研修会)盛会!!
平成31年4月19日(金)13:30~15:00
於:在宅サービスセンター
【内容】
1、西警察署生活安全課による「タイムリーな防犯の講話」「認知症高齢者の自
動車運転について」
2、福祉課 生石顕也主査による「西区における地域包括ケアの取り組み」
今回集まって頂いたのは、ケアマネジャーさんと介護保険サービス事業所の皆さんです。
年度替わりで繁忙にも関わらず、志を一にする仲間が続々と参集され会場はいっぱいに。総勢64名の結集は圧巻でした。
10連休を控えたこの時期、交通事故や空き巣、詐欺被害にアンテナを張りながら高齢者に接する意識を新たにした私たちです。。
そして「地域包括ケア」という言葉を耳にするようになって数年経ちますが、その社会的背景や専門職の立ち位置、西区の具体的な歩みなどを学び整理してみました。
「地域でいつまでも安心して暮らせる西区」を作る頼もしい仲間の皆さん方と、今年度も力を合わせて「地域包括ケア」を推し進めていきたいと思います。

地域活動きっかけ講座に参加

2019-03-27
地域活動きっかけ講座に参加
3月27日地域活動きっかけ講座に参加しました。
地域活動きっかけ講座とは、地域でボランティア活動を初めてみませんか?という【きっかけ】を見付ける場です。
当日はいきいき支援センターと西区社会福祉協議会の職員が地域包括ケアについて、参加者に説明しました。実際に高齢者サロンや認知症カフェで活躍されているボランティアの方のご紹介もさせていただきました。
また地域で実際に活動されている認知症サポーターの方や、訪問介護の担い手さんにボランティア活動の先輩として、なぜボランティア活動を始めたのかという【きっかけ】についてお話をして頂けました。
認知症サポーターさんからは「今まで自分の為だけに働いていたが、地域の為に活動を行いたいと思い、自分の空いた時間でボランティア活動をしている」
訪問介護の担い手さんからは「最初自分は、利用者さんの役に立っているのか悩んだこともあるが、自分の事を待ってくれている人がいるから頑張れる。」
活動について前向きな発言があり、参加者の方も熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

是非皆様もボランティア活動を初めて見ませんか?。
いきいき支援センターは地域で活躍していただける、支援者を大募集しております。
なにかやってみたいという思いのある方は、お気軽にいきいき支援センターへお電話下さい。

3月16日のおれんじドアに参加しました。

2019-03-16

 

316日に「おれんじドア も~やっこなごや」ご本人の為の物忘れ相談窓口を開催しました。

当日は山田真由美さんを含む、認知症当事者の方が8人、家族支援者が7人、見学者が3人参加されていました。

当事者同士の話し合いでは認知症や趣味、最近の出来事について話し合いをされていました。また山田さんより、おれんじドアに参加されているご家族の方の雰囲気が良い方向へと変わってきている印象があると話され、また、参加されているご家族様からは、「認知症の当事者に対して、怒っちゃいけないと皆さんに教えて貰った。もっと気楽に当事者と接していきます」と笑顔で話されていました。

 

おれんじドアでの出会いをきっかけに、様々なつながりを通し、前向きに生活していくエネルギーを共有できる場所になればと思います。

初めての方が来られて、今日来て良かった、また来たいと思って頂けるように、いきいき支援センター職員一同努めて参ります。

 

日時 次回開催日は420日(土)1330から1530まで

場所 名古屋市西区役所4階多目的室(当日は案内の人が役所前に立っています)

 

★『おれんじドア も~やっこなごや』は若年性認知症当事者の山田真由美さんが開く当事者による当事者のための相談窓口です。「おれんじドア」は仙台で丹野智文さんが始められた認知症当事者による認知症相談窓口で、当事者以外は相談の場に入らず、当事者同士でしかわからない悩みを話したり、当事者同士の出会いを通して、次に踏み出す一歩を後押ししてくれる相談窓口です。西区らしさということで西区の区政運営で使われるキーワード「も~やっこ」(分かち合うという意味)を使い、「おれんじドア も~やっこなごや」という名前で始めました。

☆認知症当事者同士で話をしたい方(若年性認知症に限りません)

☆ご家族同士で話がしたい方・相談をしたい方

☆認知症の診断を受けたがこの後どうしたらいいのか迷っている方

☆認知症の診断をまだ受けていないが、物忘れに悩んでいる方

☆見学したいケアマネジャーさんなど専門職の方 など、お気軽にご参加ください。

 

2
5
3
1
9
2
お問い合わせ
052-918-7410
特定非営利活動法人
かくれんぼ
お問い合わせはこちら
NPO法人 かくれんぼ 周辺地図
特定非営利活動法人
かくれんぼ
〒462-0047
 愛知県名古屋市北区金城町四丁目35番地の1
かくれんぼ福祉センタービル

TEL.052-918-7410
 FAX.052-918-7411

────────────────────
●居宅介護支援
●認知症共同生活介護
●通所介護      ●訪問介護
●人材育成講座    ●NPO活動
 ●上飯田福祉会館
●名古屋市西区北部いきいき支援センター
●軽費老人ホーム 名古屋市きよすみ荘
●ハローステーション 
────────────────────
TOPへ戻る