本文へ移動

ブログ 「 かくれんぼケアマネ日誌 」

RSS(別ウィンドウで開きます) 

100歳 高齢者表彰

2022-09-05
皆さま、まだまだ暑い日が続いておりますがいかがお過ごしの事でしょうか?

今年も9月19日に敬老の日が来ます。

昨年度の数字で申し訳ないですが、厚生労働省の100歳高齢者表彰の対象者は43633名と発表されており、年々増加しております。
対象者の方々には内閣総理大事からお祝い状と記念品が贈呈されています。

長寿国と言われる日本ですが、この対象になられる方は自身が頑張ったことに加えてまさに神様に選ばれた方と思います。

私自身、お祝い状と記念品を見たこともありませんが是非もらえるように日々頑張って100歳まで長生きをしたいと思いますので、皆様もぜひ、このお祝い状と記念品をもらえるようにお過ごしください。

では、ブログを見て頂き本当にありがとうございました。

夫婦の過ごし方について

2022-07-20
暑い時期になってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日は、夫婦の期間について話をしてみたいと思います。

人によって違いはありますが、例えば30歳で結婚しますと多分結婚の期間は50年以上になると思われます。
ただ、仕事が有ったり家事が有ったり、子どもができれば子育てもしなければいけません。
その中で夫婦で話す時間ってどのくらいでしょうか?
もちろん人によって違いますが、仮に一日1時間くらいとしますと

365日×1時間×50年=18250時間

およそ2年と1ヶ月くらいです。
これが長いか?短いか?は分かりませんが、私にとっては50年のうちわずか2年1ヶ月と短く感じます。

皆さんいかがでしょうか?せっかく結婚した二人です。もっと夫婦の時間を取って生活できたら良いと思います。
今日のブログを見てくださった方!夫婦の会話の時間を取りましょう。そうすればきっとその夫婦は良い未来を迎えることが出来ると思います。

皆さま、暑さに負けないくらい夫婦の間もあつくなり夏バテを越えていきましょうね。

ちなみに、私のご利用者さまはそんな方ばかりです!

では皆様、ブログを見て頂きありがとうございました。
                                                                                     











高齢者の趣味

2022-03-18
3月も中旬になり、暖かい日も多くなり過ごしやすい日も増えてきました。桜の開花も間近ですね。花見も楽しみですが、高齢者の趣味について考えてみます。60歳以上を対象にした内閣府のアンケートによると、普段の楽しみを「テレビ・ラジオ」と回答した人が83.2%でもっとも多く、次いで「新聞・雑誌」と回答した人が55.0%でした。「楽しみは特にない」と回答した人は2.7%と少ないものの、このアンケート結果はとても興味深いものです。なぜならテレビやラジオ、新聞など人と接することなく楽しめるものばかりが上位を占めたからです。多くの高齢者がいかに外出をせず、他人との接点が少ないかを示す結果といえるでしょう。また、自宅にいながらスイッチ1つで見たり聞いたりできるテレビやラジオは、手軽に楽しめる反面、受け身態勢が基本なので、自ら探求心を持って行動することが少なくなりがちです。座ったまま楽しむことができ、体を動かす必要がないのも残念な点といえます。そこで、お勧めの趣味ランキングTOP3が、1位映画鑑賞、2位ガーデニング・庭いじり、3位読書です。既に実行されてみえる方もおみえだと思いますが、是非楽しい趣味を持って、生きがいのある人生を過ごして頂ければ幸いです。

                                                                                     











高齢者雇用

2022-03-01
3月になりました。暖かい日も多くなり過ごしやすい日も増えてきそうです。超高齢社会の中、今回は高齢者雇用についての記事です。高齢者の活用や雇用が求められる背景には、少子高齢化による労働力の減少があります。日本の総人口は2008年の1億2,808万人をピークに減り続けています。2021年9月時点で日本の総人口は1億2,522万人、うち65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)は29.1%。2065年には総人口が8,808万人まで減少し、高齢化率は38.4%まで上昇することが予測されています。厚生労働省による就業者数シミュレーションでは、経済成長・労働参加が進まない場合、2040年には就業者数が1,285万人減少(2017年の実績比)すると見込まれています。これに対して、経済成長・労働参加がうまく進んだ場合、就業者数は506万人の減少にとどまります。ここでキーとなるのが高齢者です。後者は前者よりも就業者数が779万人多くなっていますが、うち476万人を高齢者が占めるという試算です。人口減少や少子高齢化に歯止めがかからない現状を踏まえると、これまでのように若年層の労働力に頼るだけでは立ち行かない状況となるのは明らかです。人手不足を補うには、知識や経験が豊かな高齢者の雇用が鍵となります。私が高齢者を迎える時代には、どんな雇用体系になっているか不安でもあり、楽しみでもあります。

                                                                                     











特殊詐欺に注意!

2022-02-24
今年の冬は雪の降る日が例年より多く感じますね。今週末まではまだ寒い日が続くようですので体調を崩さないように注意して下さいませ。ところで毎日のように特殊詐欺にあい、お金をだまし取られるニュースを耳にします。先日も60代女性の方が介護保険料の還付金の名目で、現金をだまし取られたとのことでした。特殊詐欺は年々巧妙になり、高齢者がターゲットになりやすいです。オレオレ詐欺、架空料金請求詐欺、還付金詐欺、融資保証金詐欺等、様々なものがあります。令和2年7月の警察庁によりますと最も多発している特殊詐欺が【預貯金詐欺】と【キャッシュカード詐欺盗】と警告しています。不審な電話には出ない、身に覚えの無い物は無視など、色々対策は言われていますが、いかなる時でも不安を感じた場合は、まずは親族や友人、警察などに必ず連絡するようにしましょう。誰にも相談せずに1人で行動するのだけは避けましょう。
3
1
3
6
9
3
お問い合わせ
052-918-7410
特定非営利活動法人
かくれんぼ
お問い合わせはこちら
NPO法人 かくれんぼ 周辺地図
特定非営利活動法人
かくれんぼ
〒462-0047
 愛知県名古屋市北区金城町四丁目35番地の1
かくれんぼ福祉センター

TEL.052-918-7410
FAX.052-918-7411

────────────────────
●小規模多機能型居宅介護
●認知症共同生活介護
●居宅介護支援
●相談支援     
●介護職員養成教室 
●上飯田福祉会館
●名古屋市西区北部いきいき支援センター
●軽費老人ホーム 名古屋市きよすみ荘
●ハローステーション 
●NPO活動────────────────────
TOPへ戻る